前へ
次へ

虫歯を防ぎたいなら食事直後に歯磨きしない

口の中の唾液は、とても大切な役割を担っています。
少なくとも、口の中の湿度に関わっていることは間違いないでしょう。
それだけでなく、歯の健康に関する役割も担っていて、カルシウムを戻してくれています。
それを考慮すると、虫歯を防ぎたいのであれば、食べた直後に歯を磨くのはおすすめできません。
というのも口の歯からは、カルシウムが若干溶け出しています。
それは歯に戻す方が良い訳ですが、若干時間がかかります。
食べた直後に歯を磨いてしまいますと、唾液が働く余裕もありません。
カルシウムを流してしまいますから、結局は虫歯を作りやすくなる原因になります。
食べた直後に磨くというより、まずはガムを噛んであげる方が良いでしょう。
ガムを噛んでおくと、自然と口の中で唾液が分泌されます。
それでカルシウムが十分に出たことを確認したら、ようやく歯磨きするのが正解です。
間違ったタイミングで歯磨きしますと、かえって歯の状態が悪くなりやすいので、注意を要します。

Page Top