前へ
次へ

虫歯は、大きな病気と繋がっています

日々の生活の不摂生で、虫歯になることは多いモノです。
決まった時間に、食事をせずに、空腹と満腹の交互の取り合わせで、体調に変化を期すことが多いです。
食事が日々の暮らしのリズムとして、決まった時間に摂取すると、口の唾液の分泌など、食後の消化のシステムと連動して口腔の維持に努めることができます。
自分がと言うより、自助能力が口腔の衛生を維持してくれる助けになります。
その分、口腔の衛生が、虫歯と連動して、心臓や血管の病の予兆であることも多いモノです。
口腔の衛生が、いろいろな所で、大きな病への警告として、日々の暮らしの中で、体調変化を与えてくれます。
口と言うのは、脳にも近いし、首の神経にも近いという点から、大きな病の予兆が、分かりやすい所でもあります。
時に、頭痛と呼ばれる原因が、歯にあることも多いです。
偏頭痛と呼ばれる原因不明の病気が、口腔に原因があることも多いです。
食事は、人間の生活の糧です。
口から必要な栄養素を取る以上、健康的なお口の管理も、必要不可欠です。

Page Top